無印良品ポリプロピレンケースを画用紙で目隠し! 【DIY/納戸と化した洋室】


DIY、ハンドメイドってほどのことではないのでお恥ずかしい話ですが・・・

前から気になっていた、納戸と化した洋室(娘の部屋になる予定・・・)に置いてある無印良品のポリプロピレンケースに画用紙で目隠しをつけました。


我が家で使用してるポリプロピレンケースはコチラ

3列×6段=計18個です。
(押し入れ、廊下以外収納のない我が家なので、このケースはかなり重要です)


使用したのは画用紙の八つ切りサイズ。(約270mm×380mm)


100円ショップでも売っています!

我が家にあるポリプロピレンケースの引き出し部分内寸は約400mm。
なので380mmの横幅をそのまま活用します。(内側に1cmずつ余白ができます。)

高さはポリプロピレンのケースに合わせてカット

強度を増すために幅広透明テープで補強

ケースの内側からセロハンテープで固定


BEFORE・・・中がグチャグチャで目障りですね。
引き出しの中も一応整理はしてあるのですが、綺麗に並べられない物も多く、半透明から見えるのはとても嫌でした。


AFTER・・・ますます白い家に。笑

白い画用紙を使ったので、部屋がとても白くなりました。
すっきりしたのはいいのですが・・・何が何処にあるのかさっぱりわかりません。

さて、次のステップでは
子ども達もわかりやすいように、
見た目もおしゃれに、
付け替え出来る、
・・・を網羅したマークの付け方を考え中です。

 
ちなみに、和室押し入れの下段で使っているケースには目隠しはつけていません。
普段見えない場所にあるものは、半透明で中が一目でわかるというのも
気に入っているからです。(綺麗に仕舞わなければいけない習慣もつきます。)

いいアイディアが浮かんだらまた紹介したいと思います。

    

  
 

ここ数日、インフルエンザで寝込んでいた娘の横で
いらなくなった物を整理し、Yahoo!オークションへ出品していました。

誰か使って下さる方がいたら本望・・・とう感じで安値から出品し、
少しずつ物が減っています。

出品準備までは、サイズを計り、梱包した時のサイズを計り、
配送会社を考え、文章入力と地道な作業が続きましたが、
慣れてしまえば案外簡単でした。

落札者さんとのやりとりメールもスムーズにこなせるようになっています。

不要品があって、
あげる人もいないけど、
捨てるのはもったいない・・・

というような物があれば、
ヤフオク出品してみるのもいいと思います。

落札された時はとても嬉しいです。
特に子育て中使っていた物などはお嫁にだすような気持ちです。

全くの初心者という方は、一度自分で落札してみると
商品のやりとりの流れがわかっていいと思います。

にほんブログ村 インテリアブログへポチッと応援お願いします!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です