IKEAの本棚に追加棚を取り付けました【子ども部屋/本棚】


我が家の子ども部屋にはIKEAの本棚・・・定番BILLYと2008年のカタログに出ているKILBYあります。


※画像をお借りしています。

BILLY本棚 ホワイト 幅: 40 cm奥行き: 28 cm 高さ: 106 cm
BILLY追加ユニット(可動棚1枚付属・・・以前は付属されていませんでした。)
BILLY追加棚


BILLYは40センチ幅が5つ。80センチ幅だと、重たい本を並べていると板がゆがむというレビューを見たので、あえて40センチを選びました。この106cmタイプは追加ユニットが取り付けられなかったので(購入当時で現在はわかりません)、ドリルで穴を開けて追加ユニットを取り付けられるようにしました。

202cmタイプは梁のある我が家には置けない場所もあるし、圧迫感もあるかなと思い、あえて106+追加ユニットにしたのです。(私が購入当時の追加ユニットは棚板が付属されていませんでしたが、現在はセットなのお得ですね!)


さて、今回追加棚を取り付けたのは、もう廃盤になってしまったKILBYです。(IKEAサイトで見つけられなかったので、多分廃盤です。2008年カタログに出ています)


我が家の子ども部屋にサイズがピッタリだったので購入した品です。(購入当時の写真)


でもこの本棚、棚板が数枚しか付属されていなかった上、追加棚が売られていないんです。重ねての収納はキケンです。すぐに汚くなってしまいます。さてさて、どうしようかとずーっと思っていたのですが、ようやく重たい腰を上げて、追加棚をとりつけることにしました。

販売されていなんだったら、同じサイズの板にカットして貰えばいいんじゃない!と。簡単なことでしたね~。

さっそくホームセンターへ。

サイズはW67×D235×厚さ17mm。ホームセンターにD235×厚さ19というサイズを見つけたので、横幅をピッタリの大きさにカットして貰いました。(私が利用しているコーナンは1回30円でカットしてくれます。)


まずはもともとあった棚板と同じ位置にダボがはまるように穴を開けます。工具をあまりもっていないので、力ずく。電動ドリルとカッターでなんとかカットしました。ダボがぴったりおさまった時はヤッタ~!というかんじ。


アトム差込棚ダボ5×8×17 20個セット 木工穴に直接差し込むタイプです。


物がまだまだ多いですね。追加棚をつくっている場合じゃないんですが、重ねずにしまえるってストレスがなく、かなり嬉しいです。

子ども達も、欲しいおもちゃがなかなか見つからなかったり、見つけても手にしたら雪崩が起きたり・・・なんてことがなくり嬉しそうです。今まで眠っていたおもちゃで遊ぶ姿なんかもありました。

なんちゃってDIYの一日でした。(あー、物を減らそう!)

【今日の気になる物】・・・棚板好きです。棚板フェチです。

  

  

にほんブログ村 インテリアブログへ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です