越後湯沢・HATAGO伊仙、三世代女旅、スキー以外で楽しむ1泊2日温泉旅行【雪遊び編】!


 

 

 

最後は雪遊び編!!!

 

暖冬で雪が心配された今回の旅行でしたが、
出発1週間前の天気予報で大雪に!!!

2日間滞在し、ほとんどの時間雪が降っていました。

 

娘(中1)はスキーやスノボに興味があるけれど、雪遊びが出来ればそれはそれで嬉しいタイプ。親は初心者なので教えられないし、特に興味もなし。いいお天気だったらスキー場で娘だけ教室に入るという案もありましたが、2日間ともかなり降って視界も悪かったので、今回は二日間とも雪遊びに徹しました。

 

 

【一日目・・・湯沢高原ロープ―ウェイ

風が強いと運休になることもあるようですが、雪は大丈夫なようです。

初日はロープ―ウェイに乗りました。

 

風が強いと運休になることもあるようですが、雪は大丈夫なようです。

ロープ―ウェイ乗り場まで駅から徒歩8分。風が強いと運休になることもあるようですが、雪には強いようです。チェックイン前の宿に必要な物以外を預けて、身軽になってから出かけました。

 

風が強いと運休になることもあるようですが、雪は大丈夫なようです。

20分間隔で運転。

 

 

風が強いと運休になることもあるようですが、雪は大丈夫なようです。

山頂。

雪の質が駅前とは全然違いました。
まさに「粉雪」。

さらさらで雪だるまなんて全然作れません。

 

娘はひたすら走ったり転がったり。
私も一緒に走りまくり、
母も軽く走って翌日軽い筋肉痛を味わっていました。笑

 

雪がすごくて視界が悪いのなんの。
初心者でスキーをしたら遭難しそうな感じでした。

夏や晴れた日の景色もいつか見に来たいです。

※この写真は恋人の聖地と言われている「天空の鐘」のデッキがあるところ。本来はすばらしい景色が広がっているのですが、今日は全く何も見えません・・・。

 

初日は早めに切り上げ、14:00チェックインの宿に入り、温泉やカフェでおやつ、お部屋でゴロゴロとのんびりした時間を満喫しました。

 

湯沢高原スキー場自体はとても大きく充実した設備で、レンタルやスキー教室だけでなく温泉も併設されています。又、子ども向けのスノーパークや、ファミリースキー場もあるので、初心者や小さい子がいても楽しめる施設なようです。

 

 

【二日目・・・一本杉スキー場

チェックアウトが11:00だったので、朝湯にも入りギリギリまでゆっくり過ごしてから出発しました。今日も宿に荷物は預けて身軽に動きます。

 

二日目の目的は、駅から徒歩3分という好立地にあるローカルスキー場。ここ、全長400mほどしかなく、初心者向けのコースです。

 

小さいそりスペースがあるだけでなく、雪遊びスペースもあります。(この写真左下辺りがそりコース)

 

そりのレンタル料200円ですが、それ以外の雪遊びグッズは無料。こんな感じで無造作に置いてあります。そりを持って行く時は代金を支払って持って行くようです。

 

写真左奥が雪遊び広場。

 

昨日以上の大雪予報でしたが、午前中、奇跡的に雪が少し止んだので、かまくらを作りました。(写真に写っているミニスコップはスキー場で借りたもの。)

 

午後を過ぎると大降りに。

足跡のついていない場所を娘と探検。(雪遊びスペースの奥に写っている一番大きな木の辺りです。)身体の半分が埋まって、転ぶと立ち上がるがやっとだったので、二人で一緒に動いて正解でした。こんな雪遊びスペース&中学生と言えど雪に慣れていないと起き上がれなくなって遭難してしまいそう。

雪の中にダイブしたり、道なき道を歩いたり、ただそれだけがとても楽しく、娘と一番盛り上がり・・・結局スキーもそりもやらず、ここで力を使い果たしたのでした。

 

私達が雪遊びをしている間、先に暖を取りに行った母はここの二階で一休み。甘くて温かいココアが沁みました。

 

 

HATAGO井仙 越後湯沢へ温泉旅行

雪遊び後は宿に戻り温泉に入って温まり・・・

 

 

HATAGO伊仙へ移設カフェ 水屋 越後湯沢

宿併設カフェと売店でお土産を購入。

 

 

越後湯沢 駅中 cocolo湯沢/がんぎどおり

越後湯沢駅中のお土産レストラン

駅中のショッピングセンター。
とても広くて見応えがあります。

新幹線の時間までプラプラするのもよさそうです。

 

 

沢山遊んで帰りの新幹線は爆睡でした。
1時間半で着いてしまうので寝たりなかった~。笑

 

 

また行きたい、
夏にも行ってみたい、
同じ宿にまた泊まりたい、
夫や息子も連れて行ってあげたい、

そんな気持ちが残る楽しい二日間でした。

 

 

おまけ

息子の合宿用のピンチハンガーが役に立ちました!
雪遊び用手袋を干すのにピッタリ。
一つあると重宝します。

アルミでとても軽いのも◎!

 

 

 

雪遊びの靴はこちら。

 

私と娘はチャッカタイプ。雪が入るかもと心配していましたが、ウールの靴下の足首付近が多少濡れる程度で問題なかったです。

 

母はこちらの防水タイプ。
足の冷たさも感じず快適に過ごせたようです。

 

ズボンは防水スプレーをしてUNIQLOのヒートテックウォームイージージョガーパンツ(メンズ)

 

大雪予報になり急遽UNIQLOの暖パンを買いましたが、それ以外は家にあった手持ちのもので何とかなりました。気温はマイナスの時もありましたが、寒さはあまり感じなかったです。どちらかと言えば、防水対策が雪遊びには必須だなと感じました。

スキーウエアのレンタルも充実していたので、普段使わないモノは「借りる」と割りって身軽に出かけるのもよさそうです。

 

UNIQLOの暖パンは気に入ったので、仕事着としてもフル活用!

 

コートはTHE NORTH FACEのシェラキャンプショート。
撥水加工されているので雪遊びは快適でした。

 

娘は私のHELLY HANSEN ファイバーパイルコート。パイル時に雪がついて取るのが大変でしたが、裏地がついているので防寒は大丈夫でした。中も濡れなかったようです。

 

 

 

にほんブログ村 インテリアブログへポチッと応援お願いします‼

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です